学生ひとり暮らしに欠かせない賃貸条件

私の「学生一人暮らしに欠かせない賃貸条件」は何といって・・・

私の「学生一人暮らしに欠かせない賃貸条件」は何といっても、大学のそばであることです。
そして安いこと、その上で、誰か身元の安全を保障してくれる人がいることでした。
最後の条件は、例えば大学と提携を結んでいる大家さんから借りるなどです。
すると、いざという時に大学に相談すれば、何とかなることが多かったです。
そのために、大学は周辺の沢山の賃貸大家さんと提携を結んでいました。

私に限らず、学生一人暮らしは「人生で初めての一人暮らし」になると思います。そのため、大学から何駅も離れていると、何かあった時に遠いがために、どんな救助も受けることが出来ません。例えば、私の経験では一人暮らしで困ったのは、突然の病気でした。
どうしようもなく部屋でうずくまっていたら、たまたま大学の近くだったために友人が様子を見に来てくれました。

また、私の友人の話ですが、「自由だから」と大学から電車で何駅も遠くに借りていたために、「学園祭」の時など、イベントごとに「終電」がなくなり、私の家に泊まりに来ていました。
その時私は、「自分に何かあっても、借りている自宅まで歩いて帰れるのは、社会経験の少ない学生にとって、とても大切なことだ」と感じました。

さらに上記の「安いこと」は、例えば、親からの仕送りが途絶えても、学費は前納で払ってあるために、あとは家賃だけなので、バイトで何とかできることが多いからです。

これらの体験のために、私の「学生一人暮らしに欠かせない賃貸条件」は、上記の3つだと思っています。

PickUp