学生ひとり暮らしに欠かせない賃貸条件

私は地方の大学で学びました/39歳男性

私は地方の大学で学びました。
大学の寮に入ることも考えましたが、一人で生活してみたいと常々考えていたため、アパート暮らしを選択しました。

地方はアパートの家賃が安いこともあり、間取り二部屋のアパートを借りることができました。
本や洋服、オーディオセットなど、自分のたくさんの荷物を持っていくことができるので、とても喜んでいたのですが、このアパートは結局、早々に引っ越しすることになってしまいました。

アパートを借りる時にきちんと確認しなかったのが悪かったのですが、二部屋あるということで、このアパートは全世帯若い家族が入居しているのを知ったのが、引っ越してからのことでした。
住んでからわかったのは、夜泣きをする赤ちゃんがいたり、洗濯物を干す場所がないために、共有の場所である通路に女性物の下着が干してあったりすることでした。

引っ越しした頃は我慢しようと思いましたが、友人やガールフレンドができてからは、みんなを連れてくるわけにも行かなかったので、結局引っ越すことにしました。
今度は不動産屋さんに聞いて、学生が多く住んでいるアパートであることを確認し、移り住みました。

この経験で知ったことは、学生の一人暮らしの場合は、同じような学生が住んでいるアパートやマンションを探した方がいいということでした。

PickUp