学生ひとり暮らしに欠かせない賃貸条件

学生の一人暮らしに欠かせない賃貸条件といえば/32歳女性

学生の一人暮らしに欠かせない賃貸条件といえば、やはり賃料が安いということに尽きるのではないでしょうか。学生時代はとにかくお金がないので、少しでも固定費を抑えたいですよね。だから多少狭くても安い物件はとてもありがたいです。

それから、賃貸物件によっては一定期間内に解約をすると賃料1ヵ月分などの違約金を要求される物件もあります。学生の場合、1年生と2年〜4年でキャンパスが全然違うところにある場合、1年で解約して引っ越すということも大いにありうるので、一定期間内の解約で違約金を取られないというのも、学生にとって外せない条件です。

それから、引越しというのはお金がかかるものですから、できるだけ引っ越したくないし、卒業後もその街で就職するつもりでいるなら、学生専用のマンションやアパートなどではないというのが重要な条件です。
そうすると、社会人になっても同じ部屋に住み続けられるので、無駄に引越しをすることもありません。
最後に、物件を契約することを1月や2月に決めた場合でも、4月まで賃料発生を待ってもらえることも特に新入生の場合重要です。
強気な大家さんだと、4月から住み始めたい人が多いからと、家を決めてすぐに賃料発生を要求したりするのですが、学生側としてはなるべく無駄を防ぎたいので、実際の入居日まで待ってくれるという点は外せません。

PickUp